【レビュー】3000円以下で買えるProalphaの電動歯ブラシはまともにつかえるのか?購入してレビューしてみた!

今回購入したのはProalphaというメーカーの電動歯ブラシ。

Amazonで「電動歯ブラシ」で検索すれば1ページ目に出てくる商品で約3000円くらいなのですが、今回は1000円OFFクーポンもついていたので2000円くらいで買えてしまいました。

果たして激安電動歯ブラシの使い心地は一体どうなのかレビューしてきたいと思います。

Amazonで売っている激安電動歯ブラシ

今回は「Proalpha」というメーカーのものを買いましたがAmazonでは他にも「Fairywill」「Atmoko」というメーカーの同価格帯の電動歯ブラシが売っています。

Fairywill
Atmoko

パッと見たところこれらの商品の機能面などはほぼ同程度のものだと考えて良いと思いますのでどれを購入してもそれほど使い心地が違ってはこないとは思っています。

ですのでこれらのメーカーの製品を買おうと思っている人にも今回のレビューは参考にはなると思います。

Proalpha電動歯ブラシのレビュー

では商品を見ていきます。

箱はこういう感じで裏には「MADE IN CHINA」と書かれています。

箱の中身は二つの白い箱と説明書が入っています。

白い箱から中身を取り出すと替えの歯ブラシが6本充電スタンド収納ケースが入っています。

収納ケースの中に本体が入っています。

本体はそこまで安っぽい感じはしないし、デザインも悪くないですね。正直日本のメーカーのものよりもデザインはかっこいいと思います。

今回このProalphaを選んだ理由がこの充電スタンドでFairywillのものにはこれが付属していないようなんですよね。今までも充電台があるものを使っていたのでこれは必須でした。

あと収納ケースも地味に嬉しいですね。実家に帰る時にいつも電動歯ブラシも持っていくのですがこれでスマートに持ち運べそうです。

替えのブラシですが質感は柔らかめで毛先が長いタイプですね。

5つのモード

振動の5つのモードがあり切り替えることができます。

クリーンモード

高速スイング周波数で歯の表面の歯垢や隠れた細菌を簡単に除去できます。

リフレッシュモード

歯茎の微小循環を促進し歯茎の専門的で安全なマッサージ体験を提供します。

ホワイトニングモード

歯の表面の美白、メンテナンスをなり、セラミックのように白くします。

ケアモード

振動周波数に応じて、歯の健康を守り、歯の結石を減らします。

敏感モード

敏感な歯と歯茎に対してソフトな周波数です。

それぞれ振動の仕方に変化はあるのですが効果の違いを実感するのは難しいですし、一番スタンダードなクリーンモードしか今のところは使っていないですね。

実際に使ってみた感想、ブラシが柔らかすぎる

実際にProalphaの電動歯ブラシで磨いてみた感想ですが振動は非常に細かく以前使っていたパナソニックのものよりも静かでなかなか良い感じです。

しかし付属しているブラシが非常に柔らかいのでこれが自分的には残念でした。

これまではずっとハードのブラシを使っていたので柔らかく長いブラシでは磨き心地が全く違うものに感じてしまいます。

ですがこのブラシの問題に関しては以前使っていたパナソニック製のハードのブラシをつけてみたところなんの問題もなく使うことができ、満足のいく磨き心地になりました。

詳しくはわかりませんがどのメーカーの替えブラシも同じような構造になっているのか、他のメーカーのブラシも使うことはできるのではないでしょうか。

普段からソフトブラシを使っている人なら違和感なく使うことができませんがハードブラシに慣れている人は磨き心地に満足できないかもしれません。

Proalpha電動歯ブラシのレビューまとめ

今回はAmazonで売っているProalphaの激安電動歯ブラシを購入してみましたがこの値段なら概ね満足できる製品ではないかと思います。

とはいえこれまで1万円以上するような電動歯ブラシを使ったことがないのでそれらと比較することはできませんが正直言って値段ほどの機能の違いがあるとは思えませんし、歯ブラシにそれだけのお金を掛けたくないという人にとっては十分な製品なのではないかと思います。

常にやっているかどうかはわかりませんが1000円OFFのクーポンを使えば2000円くらいで買うことができますし興味のある方はぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です